【初めての方へ】日サロで後悔しないための秘訣と注意点!『大やけどした僕が教えます』

新宿の日焼けマシン じぶん磨き
PVアクセスランキング にほんブログ村

・日サロってどんな場所なの?

・正しいやり方は?

・痛くないの?怖くないの?

・メリットやデメリットも知りたい!

これらの悩みにお答えます。

日サロって男女に人気ですよね。




同じ体型、同じ外見でも引き締まって見えるし、明るく活力のある表情に見えるし、なにより自分に自信が持てて生き生きとします。





でも日サロって初めての人からしたら未知の空間じゃないですか?



まさやん

どうやったら正しいの?よくわからないことが多すぎる…




僕が初めていったときは、焼き方や注意点を知らなくて、全治1ヶ月の大やけどをしました…





この記事では、過去に失敗した、自分のような初心者が減ることを願って体験談を踏まえて情報を伝えていきます。





結論、覚えていってほしいことはこれらになります。

 

初めての日焼けサロンでおさえるべきポイント


・初回は1番弱いマシンの15分程度から

・タンニングジェルをぬる

・5分おきに体勢を変える

・アフターケアローションをぬる

・その日は湯船に浸からない

・2回目は3日後くらいに通って、間隔をのばしていく





この記事を読むメリット

初めての方でも、不安や疑問をなくして日焼けサロンにいける

・大やけどをおって後悔することなく好みの焼き色になれる

健康的で活発な印象をまわりに与えることができる



では実際の流れとともに、詳しく解説していきます。




ここで日焼けサロンに対する不安や疑問を全てなくしてしまってください。





【絶対に後悔しない】日サロの実際の手順と注意点!

流れていく矢印


日焼けサロンの大まかな流れはこんな感じです。

① 受付で会員カードを渡して支払い

⬇︎

② 自分のマシンの場所へ入る

⬇︎

③ 全身に専用ジェルを塗る

⬇︎

④カプセルの中に入る

⬇︎

⑤こまめに体勢を変える

⬇︎

⑥シャワーを浴びる

⬇︎

⑦アフターケアローションを使用



ざっくりとイメージがわきましたか?


①受付で会員カードを渡して支払い

・マシン

・時間



入店したら、受付でこの2点を伝えます。



初心者の方は「1番弱い時間で、1番短い時間でお願いします。」と伝えましょう。





ザ・サンラウンド新宿歌舞伎町店の場合、BLUEBERRY BLUES というマシンの20分が、1番弱いマシンの1番短い時間になります。


このときにタオルが必要か聞かれれば、もらいましょう。(タオルは無料です)





この際、専用ジェルを一緒に購入します。

(新宿歌舞伎町店は無料で毎回もらえます)

バスケットに入ったタオル
日焼けサロンの専用ジェル
日焼けサロンの専用ジェルの裏面

※市販のものだと、アクリル板を損傷してしまうなどの理由で、使用不可となっています。



大体どこの日サロにも使用可能なジェルが販売されています。


ジェルは必ず塗りましょう!

やけどの危険性があります。





②自分のマシンの場所へ入る


受付から言われた部屋番号の場所へ移動します。

日焼けサロンの廊下
日焼けサロンの部屋
日焼けサロンの部屋の中
日焼けサロンの部屋の足元


③全身に専用ジェルを塗る


ここで服を脱いで、背中側も全身まんべんなく塗りましょう。

読者

本当にすっぽんぽんになっていいの?



大丈夫です。

下着を着たままだと、その部分が焼けず、ムラが怒ってしまいます。




また、時計はもちろん、ネックレスやピアスなどの装飾品も全て外して下さい。金属類は特に、高温になって火傷をする恐れがあります。





日焼けマシンは20分やそこらでしっかり焼けてしまうほどの強い紫外線です。



チェックポイント

外で日差しを浴びるのとでは、全くの別問題です。

日焼けマシンを利用する前には必ず、タンニングジェルを使用して下さい。



④カプセルの中に入る


スタートボタン(スイッチ)を押して、カプセルの中に入ります。

日焼けマシン
日焼けマシンが作動した様子
日焼けマシンの外観

店によってシステムが異なりますが、新宿歌舞伎町店の場合「インターホン」を押すと、始まります。





多分受付の人が、遠隔でスタートスイッチを押しているのだと思います。




20分の利用時間でも、15分でカプセルから出ることを強くおすすめします。





色白で皮膚の色素が少ない人は、10分で切り上げましょう。


まさやん
ここで、みっちり30分などやってしまうと、この後どれだけ対策をしてもやけどします…はじめが本当に肝心です。




他の店舗で「30分が1番短い」場合でも同様です。




短い時間から始めて、皮膚が赤くならないことを確認してから、少しずつ時間を延ばしていきましょう。



チェックポイント

なぜなら、日焼けに慣れていない体であれば

日焼け前にジェルを塗っても、やけどをしてしまう可能性が高いからです。



もったいない気持ちをぐっと堪えて、初回は10〜15分で切り上げましょう。



⑤こまめに体勢を変える


カプセル内では必ず目を瞑って下さい。




それから

仰向け→うつ伏せ→仰向け→うつ伏せ

5分おきに体勢を変えましょう。




慣れてきた方は10分おきでも構いませんが、初心者は必ず5分おきに体勢を変えましょう。



これが非常に重要です。



タイマーが見えるところにあるので、それを見て行なって下さい。


まさやん

そーいえばカプセル内で寝てしまった友人が、痛くてたまらんって泣いてたわ…



これをしないと確実にやけどします。








暑くなってきますが、風が出てくるので大丈夫です。風量の調整もできます。

日焼けマシンの空調
空調のスイッチ



⑥シャワーを浴びる

使用時間がきたらマシンが勝手に止まるので、一度服を着てシャワールームへ移動。

日焼けサロンのシャワールーム

熱された体を冷まして下さい。


必ずではないので、浴びなくても大丈夫です。その場合は、家に帰ってからなるべくはやめにシャワーを浴びましょう。

シャワーは無料か、有料でも100円程度で使用可能です。

湯船に入ることは厳禁です。サウナに行くのも絶対にダメです。





⑦アフターケアローションを使用


こちらはドライヤーエリア。

日焼けサロンのドライヤーエリア
日焼けサロンのドライヤー

シャワーを浴びた後に、必ずアフターケアローションを全身に塗って下さい。




これもおさえるべきポイントです。




まさやん

日焼けマシンの強い紫外線を浴びた後は、体がボロボロになっていると思って下さい。


しかも非常に乾燥しています。






洗顔した後に、水分が失われた肌に対して化粧水と乳液を塗るのと同じです。





皮膚も内部組織もダメージを受けています。





ここでしっかりケアをすることによって、今後のからだの状態に関わってくるのでしっかり保湿しましょう。




まさやん
これをやらないと、痛みやかゆみが発生するリスクが非常にあがってしまいます。




⑥と⑦においては、自宅でも大丈夫
です。お風呂上がりにアフターケアローションを使用しましょう。



【ダメージを修復】日サロで後悔しないためのアフターケア


日焼けした後には、必ずアフターケアローションを使用してください。



日焼けサロンでも、海やプールに行って焼けても同じです。



モノはなんでもいいのですが、参考までにおすすめを3つ紹介しておきます。


僕が愛用している、韓国の有名ブランド商品。ジェルタイプでさらっとなじみ、全身の保湿に使えます。


ひんやりしているのも特徴で、火照った体にとっても気持ちいいです。




ジェルクリームタイプで、日焼け後の肌を、しっとりと保湿したい人におすすめ。


アロエなどど違って匂いが気にならず、ビタミンCが豊富に含まれているのが特徴です。



¥655 (2021/08/07 14:07時点 | Amazon調べ)

エーザイからのコスパが高い商品。ジェルローションなので使用後はさらっとなじみます。


匂いがほとんどなく、くせのない使いやすさが特徴です。


【おさえておきたい】後悔しないで日焼けサロンに通う頻度

注意を促す看板


2回目の日サロ

初回から3日くらい経った頃がベストです。1週間近くあけてしまわずなるべく短期間で2回目通ってください。





3回目の日サロ

2回目から1週間程度。少し間隔を延ばします。





4回目の日サロ

3回目から2週間程度。また少し間隔を伸ばします。




そんな感じで、あける間隔をのばしていくのが基本となります。





元々の色素の量は人それぞれ、個人差があるので





「前より肌が赤くなってるな」とか「もう少し黒くなりたい」とか感じつつ、通いながら調節してみて下さい。





また、1度通わなくなれば色が元に戻ってしまいます。冬場は全く行かない、となれば白くなります。




その場合、翌年の春夏頃、焼きたくなった頃にまた1から少しずつ、段階的に通うようにしましょう。


【知っておこう】日サロのメリット&デメリット

天秤にかけられたクエスチョンマーク


まさやん

海にいって日焼けをしたあとに、体が赤くなって痛くなった経験はありませんか?



日焼けサロンであれば、失敗することなく




痛い思いをすることなく、全身まんべんなく、短期間で綺麗に焼くことができる
のが1番のメリットです。





しかし日焼けすることにはデメリットも少なからずあるので、理解した上で適度に行っていきましょう。



日焼けサロンのメリット

・体が引き締まって見える

・明るく活力のある表情に見える

・自分に自信が持てるようになる

・免疫力が付いて病気になりにくくなる

・ビタミンDが生成されて骨が丈夫になる

・セロトニンが分泌されて自律神経を改善する

・アレルギーの予防になる

・腸内環境を整える

・うつ病を撃退する

など



日焼けマシンは太陽光に含まれる有害なUV-Bという紫外線B波をカットして




肌を黒くするUV-Aという紫外線A波のみ当てられる
ようになっています。





全くリスクがない訳ではありませんが、太陽の光で日焼けをするよりは悪影響が少なくなっています。



さらに実は、紫外線やそれによって大量に生成されるビタミンDが起こす効果は絶大だと




この本ではたくさん解説されています。

紫外線のことが書いてある本



日焼けサロンのデメリット

・皮膚ガンのリスクが上がる

・紫外線の影響で皮膚がダメージを受ける

・ シミやそばかすの原因になる

・お金がかかる

・通う手間がかかる

・通わなければ皮膚の色が戻る

など



少なからずデリットも存在します。僕は、海に行ったりスポーツをしたりするのと同じように考えていますが



メリットとの天秤にかけて、しっかりデメリットも把握した上で適切に行いましょう。


【心配なし】日サロに行くまえに用意するもの

荷物をまとめたバッグ

こちらは特にありません。



必要な日焼けジェルからタオルまで、無料でもらえたり100円程度で貸してもらえたりします。




だから、仕事終わりや隙間時間など、手ぶらで寄って行くことが可能です。




料金は大体1000円〜2000円くらい
あれば大丈夫。ですがあらかじめ、店舗の料金を確認してから向かいましょう。



【番外編】はじめての日サロで後悔した体験談

失敗して落ち込む男の子


今から1年ほど前の話です。失敗談ですので、何が間違っていたか確認してみます。



ジムで筋トレしていた自分は、肌が白いのが気になって意を決して日サロデビューすることに。



向かった日焼けサロンの店員は金髪の若者。

店員
いらっしゃいませ〜
まさやん

想像してたまんまの店員や…





「初めてなので、やり方を教えて欲しい」と勇気を出して聞くと




1番弱いマシンの30分コースを案内されます。(この店舗には15分コースもありました)





まさやん

ジェルとか塗らなくていいんですか?



店員
いや〜まぁ…別に大丈夫っすよ〜



不安になりながら、専用ジェルをぬらずにカプセルイン。




そしてほんのり汗をかいて終了。


家に帰っては、NG行動の1つである湯船に浸かって体がピリピリ。




そしてアフターケアローションもぬらずに就寝しました。





2日目


体が赤くなっているのに気づいて、だんだんとかゆみが出てきました。夜は、あまりのかゆさに目が覚めます。


まさやん

なにこれ痒い!、!!



その後はどうしてもかゆくて一睡もできませんでした。

3日目


体がかゆい➡︎かく➡︎痛い の負の連鎖でとんでもなく苦しかったので皮膚科に行くもなんと4時間まち。


まさやん

どんだけ待たすねん!!!



飲みぐすりと塗りぐすりをもらったものの、その日もかゆさがひどくて何度も目が覚めました。




7日目


かゆさと痛みがマシになるものの、皮膚はボロボロとやぶけ、汚い見た目に。

まさやん

もう一生日サロ行かへん……ていうかあの店員ちゃんと教えてくれよ!泣




こんな感じで

元の体に戻ったのは1ヶ月後くらいでした。


ふりだしに戻ったな。笑






あれは完全にやけどでした。体が炎症を起こして赤くなる「サンバーン」を通り越して大やけどです。





その後しっかり調べ尽くして、アフターケアも準備して、リベンジ。





それから、正しく日サロを利用できるようになり、希望通りの色に焼くことができました。



NGだった行動

①タンニングジェルを塗っていない

②初回なのに15分程度で終わらず、30分も行なっている

③5分おきに体勢を変えていない

④夜、湯船に浸かっている

(日サロに行ったあとは、体が火照っています。軽い炎症状態です。入浴はやめましょう)

⑤アフターケアローションを塗っていない



まさやん

そりゃ大やけどして当たり前やな。反省です。







【まとめ】後悔しない日サロの手順と注意点!

砂浜と夕日


以前の僕の経験を振り返ってみたら、大やけどして失敗したのも当然の結果でした。


何事も正しいやり方があります。日サロも同じです。

早く黒くなりたい!

かっこよくなりたい!




という気持ちはぐっと我慢して、結論、まずは体を日焼けに慣らすことから始めましょう。





日焼けを甘くみてはいけません。はっきりいって一歩手前みたいなものです。

 

あれ?シャワー浴びてもピリピリしないし、体の色もほとんど変化ないなー



これくらいでOKです。なにも感じないくらいが理想的です。


それでは記事のまとめです。

・初回は1番弱いマシンの15分程度から

・タンニングジェルを塗る

・5分おきに体勢を変える

・アフターケアローションをぬる

・その日は湯船に浸からない

・2回目は3日後くらいに通って、間隔を伸ばしていく

それから、体が白いから日サロ行くのが恥ずかしい…だなんて思う必要は全くありません。



受付の真っ黒な店員も、隣の小麦色の女性も、みんなはじめは白かったんですから。




正しく日サロに通って内側も外側も、健康的な活力ある体で元気にすごしていきましょう。



あわせて読みたい▼

>>【体験レビュー】竜神バンジーは人生で1度は行っておくべき!!!!

>>【96%が認めた】缶につけるだけ!お店の味に激変する手軽なビールサーバー

>>【見落としがち】沖縄旅行で用意するべき持ち物22選!



この記事がおもしろかった!ためになった!
そう思っていただけたらポチッとお願いします♪
記事更新の励みになります(^_^)
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村ランキング参加中です♪
たすいち - にほんブログ村
ブログ村読者お待ちしています♪