【本当は怖い】日サロはシミができる?原因から対策方法まで徹底解説

傘をさす女性 あそび

  • 日サロって体に悪いの?
  • 日サロで焼いてもシミはできるの?
  • シミを作らないで焼く方法や対策は?

これらの疑問にお答えします。

結論、体をきれいに焼くことができる日サロでも必ずシミはできます。

暑い時期になって露出が増えたり海やプールに入ると、綺麗な小麦肌に憧れますよね。

男の人ならかっこよく引き締まった印象を与えるし、女性なら元気で明るい印象を与えます。

まさやん
でも体にシミができてしまうことは覚悟しなくてはなりません。。


この記事では、日サロでシミができるメカニズムを簡単に解説した上で、シミができにくいようにする対策や方法をお伝えしてきます。

この記事をよめば…

ヒリヒリとした痛い思いをしなくても体を焼けるようになり、安全にコスパ良くキレイな小麦肌を手に入れられるようになります。

ぼくは過去に日サロで大やけどをしました。。始めての方のための日サロ利用方法はこちら。

それではいきましょう。

なぜ日焼け(日サロ)はシミができるの?


日サロでもシミができる主な2つの原因について解説していきます。

  • 有害な紫外線はあるから
  • 日焼けをするためには避けられないから


有害な紫外線があるから


日焼けをしたり日サロに行ったりしてシミができる原因はズバリ紫外線

簡単に説明すると以上のような流れ。

①皮膚が紫外線を浴びると、体の中にあるメラノサイトという細胞が活性化。

②メラノサイトにあるメラニン色素(黒くなる働き)がたくさん作られる。

③皮膚が黒くなり、時間や年数がたつとシミができてしまう。

つまり必要以上に紫外線を浴びることで、肌が黒くなり、シミもできるようになるということ。

日焼けは、必要以上に紫外線を浴びてしまってるってことですね。


日焼けをするためには避けられないから


シミをつくらずして日焼けをすることは可能なのか?

答えは残念ながらNOです。

つまり日焼けとシミはどうしても一緒に考える必要があります。

嫁さん
あ〜!〇〇ちゃんみたいに私も焼きたい!夏の女って感じで良くない?


こんなふうに言われたことがありますが、将来シミができるからやめた方がいいのでは…と反対したことがあります。

皮膚を黒くする原因の色素が同じくしてシミを作ってしまうため、日焼けとシミは別ではなく同じものくらいの認識でいいと思います。


日サロと日光浴の違いは?

  • 日サロと日光浴は何が違うのか?
  • 日サロの方がシミができないと言われているのはなぜか?

答えは、紫外線の中身の違い

紫外線の中には簡単にわけて以上のものがあります。

波長の長いUVAという紫外線。

波長の短いUVB、UVCという紫外線。

このうちの有害度の少ないUVAのみを照射するように作られているのが日サロなんです。

まさやん
重要な点が、日サロのUVA紫外線も有害なところ。


日サロの紫外線は人工的なものですが、じわじわと熱を感じるし、しっかりと日焼けをすることができます。


日サロは日光浴と同じようなもの。体に害の少ない紫外線をあてているとはいえ、無害ではありません。

それなら「日サロはしみができない」と勘違いされるようになったのは理由が。

それは人工的な紫外線を当てていて有害度の少ないことが、やがて認識の違いへと変わってしまったのかもしれません。


日サロでシミを作らない対策方法


シミを作りたくないなら、紫外線を浴びないことが1番の対策。


日サロに通って理想の日焼けをしながらもシミを作らない方法はないので、徹底的に以上のように対策する必要があります。

紫外線をなるべく浴びない

日焼け止めクリームをこまめに塗る

帽子やサングラスを使う

しかしこれだと、残念ながら理想の小麦肌にはなれません。

でも安心してください。

シミを作らないで焼きたい!」というわがままを叶えたい人に朗報です。


実は、ブロンズターナーを体に塗って小麦肌になるという方法があります。

これは、体にクリームを塗るだけで簡単に理想のキレイな小麦肌になれるという商品。

まさやん
注目すべき点は、皮膚科の医師が推奨しているという、安全性&信頼性が確保されているところ。


日サロは皮膚科の医師に反対されています。正直なところ、日サロはそれだけ皮膚に良くないんです。



ブロンズターナーのメリットとデメリットは以上の通り。

メリット

  • 紫外線リスクゼロ
  • 肌がヒリヒリしたりと後悔する要素がない
  • 色白な人でも1日で理想の小麦肌になれる
  • ざっと日サロ2回分という驚きのコスパ

デメリット

  • 1週間ほどで元の肌色に戻る

1週間で元の色に戻るというのは、日サロにおいてもほとんど同じ。商品販売側は、メリットとして記載されています。

シミができるリスクや、猛暑の中でかけて日サロに行くこと、高いお金を継続的に払うことを考えたら、正直いって使わない理由がありません。

安全性や確実性も証明されているので、将来シミだらけに作りたくない人はこれを使って理想の小麦肌になりましょう。

きっとまわりに好印象を与えて異性にモテて、中身の気持ちも充実し、楽しい夏になることでしょう。

安全に理想の小麦肌になれる


日サロでシミをつくらない対策まとめ


いかがでしたか?

日サロにかよっていても、肌に有害な紫外線を浴びていればシミができてしまうことを解説しました。


有害度の少ないUVA紫外線でも、日焼けができるメカニズムに沿っている限りシミはできるという結論に。


ではシミを作らないための方法を最後に振り返ります。

シミを作らない対策法補

  • 紫外線をなるべく浴びない
  • 日焼け止めクリームをこまめに塗る
  • 帽子やサングラスを使う
  • ブロンズターナーで小麦肌になる

シミを作らないブロンズターナーの特徴

メリット
紫外線リスクゼロ
肌がヒリヒリしたりと後悔する要素がない
色白な人でも1日で理想の小麦肌になれる
ざっと日サロ2回分という驚きのコスパ
デメリット
1週間ほどで元の肌色に戻る

家でこれを塗って焼く方法なら、日サロ2回分くらいの高いコスパで理想の小麦肌になれます。

若い今、かっこよくてモテたり好印象を与えられても、歳をとってからシミだらけになるのは嫌。。そんな人にはうってつけです。

日サロ通いでシミができてからでは遅いので、後悔しないように安全に日焼けを楽しみましょう。

安全に理想の小麦肌になれる