【怒るべき】行きたくない飲み会!あなたは自分を犠牲にしていない?

20代の仕事
PVアクセスランキング にほんブログ村



・行きたくない飲み会がある

・飲みに誘われたけど断りたい

・断ると誘ってくれた相手に悪い気がする


これらの悩みにお答えします。


僕が社会人になりたての頃

上司から飲み会の誘いをうけて「行きたくないな〜どうしよ〜」と悩んでいた自分にかけた

尊敬する先輩のごもっともな言葉

「その飲み会は〇〇くんが行くことで何か変わるの?でも例えば彼女にとっては〇〇くんがいるかいないかでは全く違うよね?行きたくない飲み会なんてほんと行く意味ないよ(笑)」



行きたくない飲み会にそれまで我慢して行っていた僕はハッとしました。


ん?そーやんな…

ほんまや!その通りやん!!



まるで暗闇の中に差し込む光を見たかのように。

悪夢から覚めたかのように。




それでなんか肩の力が抜けて


は??

行きたくないのになんで行かなあかんの?

は??



ぐらいの発想になって考えれば考えるほど煮えたぎるほどのイライラが込み上げてきたんです。

怒る人

この記事でわかること

・飲み会に無理やり誘ってくる人の本性

・飲み会に対して抱いていた2つの大きな間違い

・行きたくない飲み会は、なぜ行かなくていいのかという理由

行きたくない飲み会を、簡単に断ることができれば苦労しません。

以前の僕がそうだったので気持ちは本当によくわかります。

ですがこの記事を読めば

自分自身の心に歯止めをかけている鎖を外してあなたの気持ちがすーっと軽くなります。

そして、誰でも堂々と断れるようになります。ぜひ最後まで読んでみてください。




日本人は人の時間を平気で奪う

泥棒


日本ってとっても安全な国です。

外国に比べて圧倒的に犯罪は少ない。


でも人の時間は平気で奪うんですよね。



意味のない残業、行きたくない飲み会、断りきれない付き合い…

これって実は、非常にタチの悪いことだと思うんです。

日本人って真面目で働き者で、周りに合わせることが上手なんです。

そして「相手にどう思われるか」を気にしすぎてしまいがちです。

それは仕方のないことです。そういう環境で育てばそうなります。


でも本当に多いんです。

誘われたのに断ったら相手に悪い思ってしまう人。


気持ちはわかります。

相手からの誘われるという

行動(=好意?)を裏切ったら

相手を裏切ったことになってしまう…みたいな。

相手が可哀想…

相手に悪い…みたいな。

でもそれって本当は

誘われたのを断ってもなにも悪くないんです。


人の時間を平気で奪う日本にいるから気がつかないだけで、本当は、人には選択する権利が平等にあるはずです。


行きたくない飲み会についてよくよく考えてみれば

そもそもの解釈が大きく違っていたんです。



いつも無理やり誘ってくる人の本性に気がつき

僕たちはなぜ、断りづらさを抱いていたのかということがわかったんです。


行きたくない飲み会の大きな間違い

①無理に誘ってくる理由は自分の欲求を満たしたいから

仮面

無理やり誘ってくる人は自分の欲求を満たしたいだけなんです。



もしかしたら、いつもあなたのことを誘ってくる人は純粋にあなたのことが好きなのかもしれません。


ただ単にあなたと飲みたいのかもしれません。



でも、あなたが飲みに行くことを嫌がっているのは事実です。

そして、そのことに相手は気づいていません。

いや、あなたの気持ちに何も気づこうとしていないのかもしれません。




つまり、あなたのことを考えずに自分のことだけを優先でただ誘っているだけなんです。


飲みに行くのを断りたいあなたは何度か断ったことがあるかもしれません。


断ったことがないという方でも心の中では断りたいと思っているわけです。



でも問答無用で誘ってくる人には決まった特徴があります。

そういう人には、完全なる共通点がありました。

それは、何かと理由をつけて食い下がってくるところ。


上司と部下

え〜少しならいいだろ?

1時間もしくは1杯だけ軽く行こう!

いいから少し付き合えよ〜



その時点で、あなたのことを思いやる気持ちは一切ありません。

あなたのことを一切考えていません。

自分の欲求にただ付き合わせようとしているだけなんです。

単なる強要でしかありません。



もし、本当にあなたのことが好きで、だからこそあなたと飲みたいというのなら

優しい上司

そっかー!それなら仕方ないな。

それじゃ今度にしようか!



このようになるかと思います。

「誘われたのに断ったら相手に悪い」ということが成立するのなら

「誘ったもん勝ち」ということになってしまいますよね?

それは、誘われた = 必ず行かないといけない

というのを肯定しているのと同じです。

それは絶対におかしいことです。


②飲み会に参加しなくても実は誰も気にしていない

朝日と女性

飲み会に参加しなくても実は誰も気にしていないんです。



複数人の飲み会に参加しなかった場合、そんなあなたのことを誰も何も気にしていないんです。


僕はもどかしい気持ちでいつもの飲み会に参加していて

間違った解釈をしていたことに気づいたんです。



例えば、10人集まる飲み会があったとして、あなたは行かなかったとします。

同僚

あれ?〇〇はどうした?

なんだ、〇〇きてないのか〜


というフレーズは、誰かが言うかもしれません。


でもだからって、あなたのことを10分も30分も話すことはない



すぐに席にいる人たちの楽しい会話で場は盛り上がって、あなたがいないことなんて数分後に忘れています。

楽しい飲み会

つまり誰も何も気にしていないんです。


自分の話をされているかもしれない…


行かなかったから悪く言われているかもしれない…

とかいうのは完全な自意識過剰です。



以前の私がまさにそうでした。

誘いを断って飲み会に来なかった人のことは全然話題には出ません。

びっくりするくらい話題に出ません。


よくよく考えてみれば当然のことです。


もし、断ったから職場で嫌がらせを受けた…

誘ってくれた人から嫌われた…


ということがあるのなら、今すぐにその会社を去るべきです。今すぐにその人との関係を断つべきです。




だから、少しだけ考えてみて欲しいんです。

誘いを断ろうとしているあなたは自意識過剰ではありませんか?

行きたくないというただそれだけのシンプルな理由で飲み会を断ったあなたのことを

周りが気にしていると思っていませんか?


自分を犠牲にしないでほしい

恋人


その飲み会は

あなたが行くことで何か変わりますか?


あなたがどうしてもその場にいないと飲み会は成立しませんか?




でも仮に、あなたの彼女や

あなたの大切な人(家族や、大事な友人)にとっては

あなたがいるかいないかでは全く違います。

あなたの彼女にとっては、あなたが特別なんです。



あなたの大切な人にとっては、あなただからこそ遊びに出かけたいし会いたいんです。


だから、行きたくない飲み会なんて本当に行く意味がありません。

自分の欲求を満たしたいだけの人のために、自分を犠牲にしないでください。

断っても実は誰も気にしていない飲み会のために、自分を犠牲にしないでください。



最後にもう一度確認です。

行きたくない飲み会についての2つの大きな間違いは

①無理やり誘ってくる人は自分の欲求を満たしたいだけ

②飲み会に行かなくても実は誰も気にしていない



自分のことを1番大切にしてあげてください。

自分を犠牲にしないでください。

あなたのことをちゃんと思っている人、あなただから誘ってくれている人

あなたにとっても特別な存在である彼女や大切な人のために時間を使ってほしいと思います。

この記事がおもしろかった!ためになった!
そう思っていただけたらポチッとお願いします♪
記事更新の励みになります(^_^)
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村ランキング参加中です♪
たすいち - にほんブログ村
ブログ村読者お待ちしています♪