【どんでん返しあり】手軽にサクッと!読みやすくて面白いおすすめ短編小説5選

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
雑記と小ネタ
PVアクセスランキング にほんブログ村

・小説って最後の結末まで長いと思う

・短い時間でサクッと読みたい!

・とにかく読みやすいおすすめの本は?

これらの疑問にお答えします。



本を読むのがとにかく遅い僕でもサクッと読めた



最高に読みやすくておすすめしたい短編小説をまとめました!



四畳半神話大系:森見登美彦

¥748 (2021/08/10 14:19時点 | Amazon調べ)


誰もが考えたことのある


「もしあの選択をしていたら…」の4作の短編集。



タイムマシーンに乗ったかのような気持ちで楽しめます!




主人公が大学入学後にそれぞれのサークルに入った場合の4つの物語。



「こんなはずじゃなかったのに…」と大学入学後そのサークルを選択したこと


人の不幸で飯が三杯食える悪友の小津に、出会ってしまったことを悔やむ主人公。



どの道を選んでも、めちゃくちゃで散々で冴えない人生(笑)





なんですが最後は…

笑いあり

阿保さあり

呆れあり

青春あり!

アニメ化されていてそっちも人気です。

>私は冴えない大学3回生。バラ色のキャンパスライフを想像していたのに、現実はほど遠い。悪友の小津には振り回され、謎の自由人・樋口師匠には無理な要求をされ、孤高の乙女・明石さんとは、なかなかお近づきになれない。いっそのこと、ぴかぴかの1回生に戻って大学生活をやり直したい!さ迷い込んだ4つの並行世界で繰り広げられる、滅法おかしくて、ちょっぴりほろ苦い青春ストーリー。




陰日向に咲く:劇団ひとり

¥545 (2021/08/10 14:19時点 | Amazon調べ)


面白い!


劇団ひとりうますぎる!!




出てくるのはみんな、陽の当たらない人生を送る不器用な主人公。



なのにどの話もオチが綺麗に仕上げられていて後味がいい!




くだらないと思ったら心温まったり



笑かされたと思ったら感動させられたり。




5作の短編集になっていて

まさやん
ちょくちょく繋がってる所あるな〜



と思いながら読んでいたら、最後の最後ではまじで鳥肌が立った。





劇団ひとり映画監督の「青天の霹靂」も好きなんですが、これは特におすすめしたい小説デビュー作です。



あっぱれ!

>ホームレスを夢見る会社員。売れないアイドルを一途に応援する青年。合コンで知り合った男に遊ばれるフリーター。老婆に詐欺を働く借金まみれのギャンブラー。場末の舞台に立つお笑いコンビ。彼らの陽の当たらない人生に、時にひとすじの光が差すーー。不器用に生きる人々をユーモア溢れる筆致で描き、高い評価を獲得した感動の小説デヴュー作。




ツナグ:辻村深月

¥781 (2021/08/10 14:18時点 | Amazon調べ)


死者との再会を叶えてくれる物語。



死んだ人って一生会えへんのにそれが実現するって時点で



なんかもうすでに泣きそう。




切なくて悲しくて感動もできる。




実際、大切な人や感謝で溢れてる人…etc



悔いを残したまま、いつ、どの瞬間から急に会えなくなるのか、話せなくなるのかは誰にもわからない。





日頃から素直でいて、感謝をその都度しっかり伝えたり、思っていることを言葉に出したり



行動に移していきたいって色々考えさせられた。

まさやん
これは映画もかなり良かったです!


>一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれるという「使者(ツナグ)」。突然死したアイドルが心の支えだったOL、年老いた母に癌告知出来なかった頑固な息子、親友に抱いた嫉妬心に苛まれる女子高生、失踪した婚約者を待ち続ける会社員……ツナグの仲介のもと再会した生者と死者。それぞれの想いをかかえた一夜の邂逅は何をもたらすのだろうか。心の隅々に染み渡る感動の連作長編小説。




チルドレン:伊坂幸太郎

¥726 (2021/08/10 14:17時点 | Amazon調べ)


こんな男いるわけない!


けどいそうな気がする、目に浮かんでくる、そんな男、陣内。




この男を中心に、いろんな角度や、濃い登場人物。数年後の設定とかで物語が展開されます。




主人公のぶっとんでる感じと




どんでん返しの鬼才伊坂幸太郎さんの技が合わさって




絶妙に仕掛けられてます。





陣内、かっこいいねんなーなんでやろなー



でも不思議となぜか好感を抱いてしまった。


きっとだれでもみんな、そうなるかもしれません。




いや〜4作目ではまんまと鳥肌やられました…




「うわああぁぁぁぁぁぁああ!!!」って。






パラっともう1回読み返したくなってしまう




短編集のふりをした長編小説!

>「俺たちは奇跡を起こすんだ」独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。彼を中心にして起こる不思議な事件の数々。何気ない日常に起こった五つの物語が、一つになったとき、予想もしない奇跡が降り注ぐ。ちょっとファニーで心温まる連作短編の傑作。




ボッコちゃん:星新一

¥616 (2021/08/10 14:16時点 | Amazon調べ)


言わずと知れたSF作家「星新一」さんの小説。



僕が小学生の時に知った小説家で



びっくりするくらい読みやすい!





ショートショートっていう5〜10ページぐらいの超短編集で、人気の傑作50本がまとめられています。






不思議な世界観や、ユニークな発明品、奇妙な設定などから展開されるストーリー。



結末は本当にどれもあっと驚かされる!




感心の念を抱くほど!どんでん返しも多数です。

星新一さんのamazon検索では、ランキング1位の作品です。

>スマートなユーモア、ユニークな着想、シャープな諷刺にあふれ、光り輝く小宇宙群!日本SFのパイオニア星新一のショートショート集。表題作品をはじめ「おーいでてこーい」「殺し屋ですのよ」「月の光」「暑さ」「不眠症」「ねらわれた星」「冬の蝶」「鏡」「親善キッス」「マネー・エイジ」「ゆきとどいた生活」「よごれている本」など、とても楽しく、ちょっぴりスリリングな自選50選。




この記事がおもしろかった!ためになった!
そう思っていただけたらポチッとお願いします♪
記事更新の励みになります(^_^)
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村ランキング参加中です♪
たすいち - にほんブログ村
ブログ村読者お待ちしています♪