【人生初ヒッチハイク】京都→東京!大学生1人旅【備忘録④間に合うか否か】

雑記と小ネタ
PVアクセスランキング にほんブログ村



遡ること大学4回生の頃の話。

「自分の視野を広げたい」という思いの初心から、意を決してヒッチハイクを決行しました。


実家のある京都からスタート。

目指すは友人の住む東京。

ヒッチハイクの奥の手「ノックヒッチ」も粘り強く行うことでまた少し前進。さらに、日本一周ヒッチハイカーのいさっちさんに出会い、縁があって一緒に旅をすることに。

これまでの記事はこちら▼

>>【人生初ヒッチハイク】京都→東京!大学生1人旅【備忘録①スケッチブックを掲げる】

>>【人生初ヒッチハイク】京都→東京!大学生1人旅【備忘録②孤独と焦り】

>>【人生初ヒッチハイク】京都→東京!大学生1人旅【備忘録③日本一周ヒッチハイカー】

【備忘録①〜④の内容】

1 スケッチブックを掲げる

2 孤独と焦り

3 日本一周ヒッチハイカー

4 アクシデント発生

5 運命の再会

6 間に合うか否か




間に合うか否か


ここは愛知県豊田市。

現在は17時30分。

いさっちさんと手分けして、乗せてくれる車を探すことにしました。

いさっちさんは通常のヒッチハイク。

自分はノックヒッチ。

もう夕方か、しかもまだ中間地点行ってないやん。やばすぎる…


ここで、食事をほとんど取っていないことに気付きました。食べることを忘れるくらい夢中やったらしい。予定時間より遅れていることに焦りつつ、とにかく急いで東京を目指します。



運はまだ味方してくれているようです。

なんと開始15分で、乗せてくれる方を発見。

実はもう1人いて…2人なんですがよろしいですか?


カッコいい車に乗った若い女性。どうも言いづらかったんですが、お願いすると快く承諾。申し訳なさ半分で感謝の気持ちでいっぱいでした。


31歳の女性。新婚さん。

なんとなんと、関西で納車したての新車を、東京の家に持って行く最中だったらしい!!

えぇ!まじか!じゃあこれでゴールできるやん!?

そう思ったんですが……納車したての新車、女性1人の車に男2人が長時間、愛知県から東京というかなりの長距離、という条件があまりに恐縮すぎて



スケッチブック通り「静岡SA」までお願いできますか?



遠慮しました、後々後悔するとは知らず。。

旦那さんとは、付き合ってすぐに同棲。そして、1年で結婚に至ったそうです。

なんでも「期限を決めて付き合うのはおすすめ!」とのことで「結婚or別れる」をはっきりして交際した方がいいと。まさに大阪人らしく、物言いのハッキリした方で面白かったです。

でも「すぐに同棲しよう。1年続けば結婚!違うと思えば即さよなら!」なんていきなり言われたら尻込みしそう…


静岡SAに到着。

かなり進むことができました。

また先程と同じようにすぐ再開。いさっちさんが腹ごしらえをしに行ってる間も、自分は休憩なしでノックヒッチします。(再確認なんですが、友人を待たしているため、自分が勝手に急いでいるだけです。)


そして

40分後に乗せてくれる方を発見。


大阪医科大学生の息子を持つお母さん。

お母ちゃん!て感じの人で、息子の携帯を逆パカした、とか主婦目線の怒り奮闘な話が印象的でした。(息子さんかわいそう…)



よっしゃー!



駿河湾沼津SAに到着。


もうちょっとで神奈川や。見えてきた。見えてきたぞ。よし!

もう全く休憩していません。ご飯よりヒッチハイク。トイレよりヒッチハイク。友人が待つためヒッチハイク。


息継ぎなしでずっと泳いでいるような感覚。



あと余談なんですが、実は万が一の時のために、これも持ってきていました。

寝袋です。

この日のためにamazonで購入。

車に乗せてもらえることなく夜が更けて、サービスエリアとかで寝るしかないっていう選択肢も考えていました。(寝袋経験ゼロ)


話を戻します。


15分後

なんと無我夢中でノックヒッチしていたら、乗せてくれる方を発見。

しかもなんと

東京まで行くとのこと。



うおぉぉぉぉぉぉお!!!やったあぁぁ!!!




ついに、ついに…これでゴールできる、、めちゃくちゃ嬉しかったです。泣


田中さん。会社員。

ヒッチハイカーを乗せた経験が10回以上あるとのことで、気さくにOKしてくれました。

ちなみに、いさっちさんと合流してから全部、自分が運転手を見つけています。(いや、急かしてすみませんでした…)



福島を目指していた、いさっちさんは途中下車。

面白くて優しい方で、めちゃくちゃ楽しい時間でした!ありがとうございました!




そして本当にありがたいことに、友人の家のそばまで送っていただきました。

物凄くフレンドリーな人で、最後は握手を求められ、写真も撮ろうと言われました。

こちらこそ願ってもない握手!ほんっとうにありがとうございました!!


友人の家に着いたのは

23時30分。





なんとか1日でヒッチハイク京都→東京に成功!!




………





まじでごめん!!!






優しい友人は、笑顔で迎えてくれました。一緒にコンビニに行ってお酒を買って乾杯。良い友を持ちました。また飲もう!




この翌日以降、数日間どこへ行くのもずーっとヒッチハイクで移動。50人以上の方に乗せてもらいました。


色んなことがありながら、京都へもヒッチハイクで帰りました。千葉、宇都宮、三重、大阪とか動き回って、本当に貴重な経験となりました。


ほんっっとうに沢山の優しさに

支えられたが故のヒッチハイク成功であって

感謝してもしきれないくらいです。



めちゃくちゃ濃い人との出会いがあって

思っていたのよりも数倍色んな話ができて

新しく知った世界もあって…

本気で楽しすぎました。


人との出会いって素晴らしすぎて。

優しさに支えられすぎて。

思い返すと正直感極まってしまいます。

本当に。


ヒッチハイクは助けてもらうのみであって

周りの人の優しさや

応援して下さる方のおかげで

やっと成り立っています。



その時、自分は全力で

感謝を伝えることしかできませんが

どんな形であれ

同じように誰かに恩を

返していきたいと感じました。





本当にありがとうございました!!!!!



そしてこの長い長い備忘録を読んで下さってありがとうございました。


誰かの背中を押せたり、勇気を与えられたり、少しでも何かの役に立てれば嬉しいです。


ヒッチハイク最高!

ヒッチハイカー万歳!


あわせて読みたい▼

>>【学生必見!!】20代のあなたが絶対にヒッチハイクした方が良い5つの理由

>>【書評】1番売れている本『ゼロ』がすごい!働く全ての人に読んでほしい名著

>>【恐怖体験】男3人で旅行。タイで大人気のニューハーフショーを見たら襲われて色々失った話



この記事がおもしろかった!ためになった!
そう思っていただけたらポチッとお願いします♪
記事更新の励みになります(^_^)
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村ランキング参加中です♪
たすいち - にほんブログ村
ブログ村読者お待ちしています♪