『アソビくるう人生をきみに』読んでほしい所ベスト10!!!!!

仕事の本 20代の仕事
PVアクセスランキング にほんブログ村




最初に、著者のあんちゃさんを軽く紹介させて下さい。


「好きなことだけして生きていけるほど、世の中あまくないから」そんな言葉に立ち向かうために、私は「常識」という名の敷かれたレールを外れた。



社会人2年目、いつも通り朝起きたとたん、突然涙がポロポロと溢れ落ちて、止まらなくなったそうです。



残業続きで疲弊し、怒られる日々で溜まるストレス、心身ともに限界を超えていたそうです。


それから、楽しくない仕事や社会の常識というものに疑問を持ち始め




積み重なる努力の末、会社を退職し、プロブロガー兼メディアディレクターとして現在大活躍中のお方です。


・好きなことを仕事にしたい人

・常識に捉われたくない人

・人間関係でストレスフリーになりたい人

・自分の時間を大切にしたい人

・人生を自由に生き続けたい人



「アソビくるう人生をきみに。」は、これらに当てはまる方々の悩みに答えてくれる本です。


自分の中で、特に読んで欲しいと感じた所についてまとめてみました。




ランキングの中で気になった部分がありましたら、是非この本を手に取ってみてください。


きっとあなたの力になってくれます。


楽しそうに飛び跳ねる20代の若者

【仕事も遊びも楽しめ!】20代のうちにやるべきこと5選で人生を豊かに


>>【仕事もアソビも楽しめ!】20代のうちにやるべきこと5選で人生を豊かに

読んでほしい所ベスト10!!!!!

友人と走りまわる若者たち

 

勝手にランキングの「読んで欲しい所ベスト10」は以下の内容です。

10位 自分に宿題を出す

9位 自分の時間、つくってる?

8位 自分の考えを貫き通す覚悟を持て

7位 「経験したことがない人」の意見は聞かない

6位 自信のない自分を「それでもいいか」と受け入れてあげる

5位 「他人の目」からフリーになる

4位 「失敗したら、死ぬと思う?」

3位 人をコントロールしない・人のせいにしない

2位 「せっかく〜したのに」は自分を止める言葉

1位 ずっとまわりに流されて生き続けるの?



1位に近づくにつれて、僕の胸や心を打たれた内容になっていきます。



それでは順番にいってみましょう。



10位 自分に宿題を出す

宿題をする人


それは「自分の頭で考えながら、続けること」

フリーランスだからとか関係なく。


確かにどんな仕事をしていても自分の頭で考えることができない他人任せの人は





求められていないのは言うまでもないなーと実感。


僕ならブログを書いているのであれば「書くこと」が一番大事なのはいろんな人が言っている事実。




だからそれは、わかってる。



でも、言い訳して逃げている自分がいたなーと僕は反省しました…



まずは○ヶ月続けるとか、○記事書くとか、自分自身に達成可能な宿題を出して、それをコツコツをこなす。



学校から帰ってからやるべき宿題をやるように。

まさやん

下手でも、誰からも読まれなくてもいい。なにへこたれてんねん。自分に課題をだすかのようにレンタルサーバーを一年契約したんやろ!?




僕ももう一度、そう自分に言い聞かせてやっていこうと強く思いました。


9位 自分の時間、つくってる?

朝日と少女

はーい。作ってますよ〜



こう思った方は多いんじゃないでしょうか?





これは、趣味の時間を作っているか、とかではなくて



「自分の今後を考えて、行動する時間」のことです。




つまり「自分は本当はどうしていきたいのか?」とか





「自分が今どんな状況を過ごしているのか?」
と素の自分と向き合うこと。




いや〜僕はあんまりできていませんでした。




なので、何も考えずにぼ〜っと過ごしている時間を減らして、将来のためのなる有益な行動をしていこうと思えました。



「明日やろうはばかやろう」ですよね。時間はできるものではなく、作るものでした。


言い訳せず、自分の心と向き合って、自分の今後を考えて、行動していきます。


8位 自分の考えを貫き通す覚悟を持て

堂々とした空手家


周りの意見や批判を怖がって、自分の考えを曲げたり嘘をつくなって話。



そういえばどこかの本で読んだことがありました。

「好かれたいなら嫌われる覚悟を持て」ってそういうことやったと思います。




以前テレビで見てびっくりしたのが「好きなお笑い芸人1位」のダウンタウンさんは、なんと「嫌いなお笑い芸人1位」らしいんです。


まさやん

意味わからん…どうゆうこと!?



こう思いますよね?



でも実際全員から好かれようなんて不可能な話ってのは納得です。



僕も、覚悟を持って自分を本気で貫いていきたい。結果、自分に共感してくれる人が現れてくれたら一番幸せですよね。


7位 「経験したことがない人」の意見は聞かない

話が聞こえていない人


これは自分の周りの上司とかでも、本当に多いので共感しました。経験がないのにやたらと否定してくる人。





まさやん

いやいや、あなたやったことあるんですか?何も経験ないし知らんやん。


僕ならこう言いたくなります。





例に出している通り、サッカー選手になりたいって言っている子どもがいたとして



本田圭佑さんだったら「そんなの無理だ」と言わずにきっと応援してくれるはず。



だから、何にでも当てはめて言えますが、聞いても意味のない人の意見は断固無視です。


6位 自信のない自分を「それでもいいか」と受け入れてあげる

笑顔で丸を作る人


まず自分を受け入れることが大事とのこと。



 

まさやん

考えてみれば、別に周りより秀でる必要もないし、自分に自信がなくてもええやん。



まさに割り切った方が人生楽になると思いました。




自信がないことを周りに隠そうと思うから、どんどんしんどくなる、その通りですよね。



僕は、自信がないことやわからないことは、職場の後輩でも部下にでも伝えていっそ楽になっちゃってます。



それが良いか悪いかは置いといて、自分の弱さを受け入れられるようになったら逆に前進できるんです。




自分自身に優しくなって、自分自身を受け入れていこう。




5位 「他人の目」からフリーになる

自由を感じて喜ぶ人


あんちゃさんは、ブログで発信するようになるまで、24時間他人の評価を気にして生きていたそうです。



でも実際、以前のあんちゃさんみたいな人はいっぱいいるんじゃないでしょうか?



「まわりはどうするのか」とか「まわりの人の決断に自分も従う」とか。




僕は関西人だからか、なんでもはっきりと口に出してしまう父親の影響か、自分の軸はあるつもりです。



そうすると敵味方がはっきりしまくってくるんですよね。でもそれでいいんですよね。


「自分はこう思う」という軸を持って、でも「そういう考えもあるんだな」と受け止める姿勢も持つ。


僕はそうやって、いろんな人の考えを共有していける人間になりたいなーと感じました。


4位 「失敗したら、しぬと思う?」

山登りに挑戦する人


いや〜わかってはいたけどその通りですよね、失敗してもしなないですもんね。

何かをした結果、うまくいかなくて後悔するより、何もしないで後悔するほうが、ずっとつらいんじゃないか。そう思って、今飛び出そうって覚悟を決めました。



何もみんな会社辞めたらいいとかじゃなくて、後悔するくらいならやった方がいいっていうこと。




僕は、副業を始めようと思って後悔する前に、思い切って初めて良かったです。


「しぬこと以外かすり傷」どっかで聞いた言葉を思う出したんですがちょっと似てませんか?




不安になっても仕方ないので、失敗を怖がらずなんでもチャレンジしていける人生にしたいものです。


3位 人をコントロールしない・人のせいにしない

海辺で歩く男性


僕も、実家に住んでいたときによく思ったものです。

「なんで妹は部屋に物を広げたままでかけるかな〜」とか


「なんで弟はいつも電気をつけっぱなんやろか」とか。




それでよく怒ったものです。




でも家族と言えど他人。自分以外の人間はみんな自分と違う常識があって当たり前ですよね。

まさやん

自分と同じ行動をすることに期待してたなんて、なんて自分勝手なことか…



恋人と同棲をしている人や、結婚してからパートナーへの不満がある人は多いんじゃないでしょうか?




家事へのこだわりも、小さな自分ルールも、ちょっとした不満の積み重ねも



全ては「相手を自分の思い通りにしようとしている」ことと同じかもしれへんな〜って気づいてから




自分自身のストレスが減ったことは、あんちゃさんと一緒でした。




人をコントロールしようとせず、みんな違う人なんだ、ていう心を育てていきたいです。


2位 「せっかく〜したのに」は自分を止める言葉

手でバツ印を作る人


これには胸の真ん中を打たれたような衝撃を覚えました。




「せっかく入社したのにもったいない」とか「せっかくここまでやったのにもったいない」とかって





本当にいろんなところで聞いてきたからです。




あんちゃさん曰く、その考え自体が一番もったいないとのこと。





もったいないって言ってしまえば、何も行動することができないし




例えば転職も、違う資格の勉強も、何の軌道修正もできないことになる。




まさやん

「せっかく〜したのに」ってなんて恐ろしい言葉なんや…




まるで悪魔の言葉っていってもいいくらい自分の行動を制限する言葉やなぁと感じました。


「過去の努力が無駄になった」と思うんですが。その時の頑張りと経験は、しっかりあなたの財産になっています。ゼロにはならないんです。


そうですよね。僕もこの言葉使うのやめます。自分で自分を止めるのはやめる!


1位 ずっとまわりに流されて生き続けるの?

両手を広げてのびのびとしている女性


この一言がグサリと胸に突き刺さってから変わったというあんちゃさん。


僕にも一番刺さった言葉です。

みんなが就職するから就職して、みんな残っているから自分も残業して…ずっと周りの目をうかがっていたのです。でも、そんな人生、自分の人生じゃない。



そこから自分の人生を生きようと、自分の時間を確保しようと、たくさん行動していったそうです。



周りに流されている日本人は本当に多いと思います。時には自分もそのうちの一人なんですが…





気を抜いたら周りに流されて他人の人生を生きているかもしれない。

まさやん

そんなん嫌や。自分ももっと自分の人生を生きないと。



そのためには、ここまで書いたことを忘れないで、自分がやりたいことや自分が興味あること




しっかり整理して、充実した人生を送れるようそこに向かって僕も行動、努力しなければ。




そう強く感じた次第です。


仕事を辞める気がない人にもおすすめ

犬と楽しそうに遊び回る人


あんちゃさんは本書の冒頭でこう述べています。


「今の仕事に十分なやりがいや幸せを感じている人には、この本は必要ないかもしれませんね。」


でも、今の仕事にやりがいがあって、今の仕事が大好きで、定年まで続けていく予定の僕にとって必要な本でした。




なぜなら、自分の時間を大切にしたいことや、人間関係でストレスフリーになりたいことは共通箇所だったからです。





なにも、同じ会社でずっと働くことが悪いわけではありません。




いけないのは



「周りに流された生き方をすること」



「嫌だと感じながら続けること」



「行動せず後悔すること」です。





本書は、そのために大切な考え方やその理由が丁寧に、かつ非常に寄り添って書かれている物でした。


だから僕の心に響いたし、こうして記事にしたいと思ったんです。


・好きなことを仕事にしたい人

・常識に捉われたくない人

・人間関係でストレスフリーになりたい人

・自分の時間を大切にしたい人

・人生を自由に生き続けたい人





もしランキングのどこかで気になったところがあれば是非この本を手に取ってみてください。


きっとあなたの力になってくれます。




この記事がおもしろかった!ためになった!
そう思っていただけたらポチッとお願いします♪
記事更新の励みになります(^_^)
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村ランキング参加中です♪
たすいち - にほんブログ村
ブログ村読者お待ちしています♪